鉄道事業 / 採用情報

CS

私達の取り組み

北海道ジェイ・アール・サービスネットの取り組み

ワンダフルカード

お客様が「うれしい」と感じたらポイント進呈

車イス・視覚障がい者介助訓練等(各地区サービスリーダーが計画・実施)

  • 車イス介助

  • 視覚障がい者介助

  • 高齢者疑似体験

できてますか宣言


目的

自駅の重点項目をお客様に宣言し、それができているかどうかをお客様に判定していただき、その結果が本当に「できているかどうか」を見極め、次に活かしていくものです。
お客様に気軽に参加していただき、コミュニケーションを深めるとともに、お客様と一体となったCS活動の推進を図っています。

評価

『できてますか?』と掲げ「できてる」「もう少し!」「できてない」のシートへお客様に「できてますかシール」を貼ってもらいます。
※シールはオリジナルマークを印刷したものを使用。

地域密着参加型ディスプレイ

母の日や七夕などに、お客様からもメッセージや飾り付けに参加していただき、
お客様とともに駅のディスプレイを作り上げていき、お客様との絆を深めていくことを目的としています。
七夕、敬老の日、クリスマス、バレンタインなどにディスプレイ企画を実施しています。

  • 女性の活躍を応援しています

    女性社員の活躍を応援しています。現在子育てをしながら働いている女性が5名。育児休暇中の女性社員が7名。育児休暇は3年までとれるが、ほとんどの社員が出産後2年弱で保育園に預け、職場復帰して活躍中です。

  • 安心の教育制度を用意しています

    新入社員研修から3年目までは、各年次に応じた研修を計画しており、スキルアップを目的に社員教育に注力しています。
    新入社員のOJTにはブラザー・シスター制度を導入。
    個人個人に応じたより細やかな指導を行う。先輩社員とのつながりを深め、少しでも早く会社に馴染めることを目的とする。

  • 技能資格制度があります

    駅技能資格制度(2級・1級)年数及びそのスキルに応じて申請できる。認定されれば、資格を有し、手当が支給される。ただし、駅技能のスキル保持を目的としており、認定を受けた社員は自主学習により、スキルの維持向上を図ることを義務づけている。通信教育での知識レベルの確認も行っております。

五つ星の考え方

五つ星ステーションチャレンジ

  • 上記項目について、上期・下期(最終)で評価を行い、各箇所の星の数が決まります。
  • 星の数は社外委託者(上期は7月頃、下期は12月頃)及び本社関係者のチェックなどを基に決定します。
  • 平成16年度から実施、平成20年度から「ザ・グレートベアー賞」を新設追加した。
  • 毎年全駅、全店舗、全所がチャレンジしています。(エントリー方式で強制ではない)

上記以外の取り組み

  • CS標語カレンダーの作成
  • 文字の大きな時刻表の配備(あいの里教育大駅、恵み野駅)
写真協力:JRS社員(藤部隆生・日向健人)

ENTRYエントリー、採用に関するお問い合わせは
こちらから受け付けています